« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ブルガリアのサーカス家族の事件

関西のローカルニュースなのですが、ブルガリアから犬や猫と一緒に来日して
全国をまわったサーカス一座が代金を支払ってもらえなくて帰国できないで
山奥のコンテナの中で動物達30匹と暮らしている・・・と放送していました。

日本のプロモーターが代理人として中国系の会社と契約したらしいのですが
(日本のプロモーターいわく)「ウチも代金は殆どもらっていない。だから
払えない。大使館にでも行けば?」との話しでした。(ひどいっ!)
一座(家族3人)は動物達を残して帰国はできないと留まっているらしいです。
(本人達は往復切符を持っているので帰国は可能らしいのですが・・)

中国系の会社はすでに逃げているのか、会社のビルもなくなっているようです。
でも、代理人として契約したのは日本のプロモーター。契約書もこの会社が支払いの
責任を負うとなっています。なのに、ここも逃げてばかり。

昨日の放送ではニュースを流したテレビ局も、この興業の協賛に名を列ねていた以上
責任を持って追求していきます・・という内容で終わりました。
本日、その後の動きとしてプロモーターは相変わらずですが、ニュースを見た反響もあり
動物愛護の団体も支援に動だしたようです。募金も始まっているようなのですが
今日のニュースなので、まだ連絡先などがHPでは確認出来ませんでした。
(しっかり名前を見ていれば良かった・・・)

昨日のニュースは以下のアドレスで見れます。

記事の内容はこちらで

本当は、プロモーターが間にはいって契約を交わしている以上、裁判でもなんでもして
本来の責任者に支払わせるべきだと私は思います。逃げた中国系はともかく
契約した日本のプロモーターに責任があると思います。
でも、すでに数カ月も5畳程のコンテナで動物達と暮らしている現状を見ると
少しでも早く帰国出来る事を望みます(T-T)。。

なんだか日本の恥のような気がしてしまう事件です・・・(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11年

阪神大震災から、丸11年が経ちました。。
大きな揺れも、壊れてしまった家も、まっすぐ歩く事すら出来なくなった道路も
断水の中の火事のサイレンの音も、数カ月に渡る断水とガスのストップも
・・・どれも、確かに経験したことなのに、年月とともに記憶が薄れてしまうのは
自然の流れで仕方のないことなのかもしれません。。。

4ヶ月後の祖母の死(震災とは関係ないですが)
2人の甥っ子の誕生(^^)、退職などの日常の出来事の中で
気が付けば「あっ」という間に過ぎた11年のような気がします。

それでも、やっぱり忘れてはいけないんですよね。
地震大国の日本「いつ」「どこで」「どんな」地震が起きても不思議はありません。
大きな地震があった地域でも、続けて起きないとは言い切れませんし
出先で出会ってしまうことだって考えられますよね。。

今一度、地震になった時に「どう、行動すれば良いのか?」を
確認して、改めて考え直してみたい1日ですね....。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掲示板のお引っ越し

今迄「Women's Cafe」と「Cafe Part2」の共有で
友人のかかさんの好意で、設置して下さっていた掲示板を使っており
とっても愛着もあったのですが、迷惑なおそらくは掲示板自動書込みツールによる
宣伝書込みがあとを断たなくなりつつありますので「お引っ越し」しました(T-T)

今度の掲示板にはアクセス制限の機能が充実しているので
多分、メールへの法規制が強まった現在、増加の一途だろう
掲示板(ブログもですよね)への迷惑なスパムへの対応が可能だと思います。

どうぞ、新しい掲示板も可愛がってやって下さいね!(*^o^*)!

p.s
しかし「有効な掲示板アドレス」だとか「掲示板自動書込みツール」なんかを
堂々と販売してますが(-"-)困ったもんです。。。
「宣伝お断り」の掲示板に書込んでもイメージダウンにしかならないのにね〜。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットマナー

明けましておめでとうございます。。
「もう、8日じゃん」という声はこの際、置いといて(^◇^;
どうぞ、本年も宜しくお願いいたします。

今年、最初のブログに書くのに、いきなり
「説教&愚痴かよ〜」という声もありそうですが
最近、自分も関わる形で改めてネットマナーについて考えさせられる
事がありましたので、敢えて書かせて頂きますね。

ネット上だけではなく、実生活上でもそうですが
「イラスト」「音楽」「写真」「文章」には
すべて「著作権」というものが存在します。
これは創作活動をする人の権利を守る為の法律です。

ブログなどの普及により、より簡単に多くの人が自分のサイトを
持つ事が可能になりました。その事自体は、大変良い事だと思います。
ただ、いきなり始めた方の中には「ネット上でのマナー」を知る事も
知ろうとすることもなく、知らないままにに迷惑な行為をしている方も
増えているように感じました。

たとえば、当方も含めネット上で素材を配布しているサイト様は
たくさんありますが、それらは、その作者のサイトで「利用規約」などを
読んだ上でダウンロードして自分のサイトに置いて使うのが基本です。

でも、「○○さん(素材やさん以外の)のサイトの画像が可愛かったから取ってきた〜」とか
一部のブログなどでできるスクラップ機能を利用して
画像やサイトを「コピーしちゃいました(*^^*)」なんて簡単に言う方もいます。
最悪なことに「直リンク」をしている場合さえあります。。
上でも書いておりますが、画像にもサイトにも「著作権」は存在します。
作者の了解無しに使う行為は「違法」です。

「だって、画像くらい、いいじゃん」「私だけじゃないし〜」は
「赤信号みんなで渡れば怖くない」「万引きしてる人たくさんいるし〜」
などと同じです。1人1人が気を付けないと、大きな迷惑になるのです。

******************************************

先日のテレビでは勧誘電話で「これは、アフィリエイトです」と言い
「メールアドレス収集ソフト」と「自動掲示板書込みソフト」に
「それらに関するノウハウ」を渡すので、「あとは簡単に収入が得られますよ。」
と高額な登録料を取る業者と、それに騙された被害者を扱っておりました。
(登録で50万円払ったとか(__;)あり得ない(__;))

これらは昔から有る「この資料と機材を買えば、内職の仕事をまわしますよ」
と言って、最初に現金を得る内職商法と似ていますよね。。
時代が変わって渡すものが変わったという感じですが・・・(^◇^;
で、被害者が「最初に聞いていたような収入がないっ!」と解約をしようとしても
その時には、その会社自体が消えていたようです。。これも、良く有るパターン。

***************************************

「メールアドレス収集ソフト」や「自動掲示板書込みソフト」などは
使い方自体で、とても便利なソフトですし、ソフト自体には違法性はありません。
ただ、使い方を間違えると違法で迷惑な「スパム」と言われる形にも使えるのです。
どんな優れた「道具」でも「使い方」次第ですからね。。

たとえば、広告メールを送る場合には「特定電子メール法」というものがあり
それを守っていない広告メールは「違法」となります。
通報されれば自分が使っているISPやプロバイダに警告を受けたり
アカウントの剥奪をされても文句の言えない行為です。
「特定電子メール法」とは(受信者の同意を得ずに送信される広告宣伝メール)
の送信にあたり、送信者に以下の事項の表示を義務付けています。

1. 特定電子メールである旨(⇒未承諾広告※)を「件名」に明記すること
2. 送信者の氏名又は名称及び住所、電話番号を本文に明記すること
3. 受信拒否の通知を受けるための電子メールアドレス を明記すること などです。

そして、受信拒否の連絡をしてきた人に再度メールを送信する行為も
「メールの再送違反」となります。
メールで広告を配信する場合には上記のような法律を守るか
メールマガジンなどで「正規」に登録してメール受信を了解している人にだけ
送るように心掛けて下さい。

また、掲示板に宣伝を書込む行為は、それ自体は違法とはなりません。
ですが、「宣伝はお断り」と明記してある掲示板や
「1つのテーマで盛り上がっている」掲示板などに
いきなり脈絡のない宣伝の書込みは迷惑以外のなにものでもありません。
宣伝を書込むにも、きちんと主旨にあった場所を選んでトラブルをまねかないように
気を配る必要があります。

知らない間に「加害者」にならない為にも
どうぞ、実社会と同じように、ネット上にもルールがあると言う事を
理解して、楽しくネット生活をおくれるようにして下さいね(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »